減築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)が平成28年4月に施行され、同法第7条に基づき「建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針(以下「新ガイドライン」という。)」が国土交通省告示として定められました。(平成28年国土交通省告示第489号)

新ガイドラインにおける第三者認証制度の一つとしてBELSが位置づけられたことに伴い、旧来のBELS制度が新ガイドラインに対応したものに改められることになりました。

業務区域

住 宅 : 兵庫県、大阪府、京都府の全域
非住宅 : 兵庫県の全域

対象建築物

住宅及び非住宅建築物の新築・既存

業務内容

建築物エネルギー性能表示制度<BELS>とは
建築物のエネルギー消費性能の見える化を通じて、エネルギー消費性能に優れた建築物が市場で適切に評価され、消費者に選択されるような環境整備が求められています。
新築・既存の建築物において、第三者機関が省エネルギー性能を客観的に評価し認証する制度がBELSです。旧来の対象建築物は非住宅のみでしたが、平成28年4月より住宅も評価・表示の対象となりました。

業務規程及び約款

業務規程はこちら
業務約款はこちら

関連リンク

国土交通省 住宅・ビル等の省エネ性能表示のガイドラインを策定・公表しました
一般社団法人 住宅性能評価・表示協会 建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)
一般社団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC) 改正エネルギー基準や評価手法BESTなど
独立行政法人 建築研究所 建築物の省エネルギー消費性能に関する技術情報