長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備に講じられた優良な住宅のことです。長期優良住宅の建築および維持保全の計画を作成して所管行政庁に申請することで、基準に適合する場合には認定を受けることができます。

新築についての認定制度は平成21年6月4日より、既存の住宅を増築・改築する場合の認定制度は平成28年4月1日より開始しています。
(国土交通省H.Pより引用)

業務区域

兵庫県、大阪府、京都府の全域

対象建築物

一戸建ての住宅、共同住宅等の新築、増築・改築

業務規程及び約款

業務規程はこちら
業務約款はこちら

関連リンク

国土交通省 長期優良住宅のページ
兵 庫 県 長期優良住宅のページ(必要図書・手数料・申請窓口が分かります)
      窓口についてチラシはこちら
他、各行政庁の窓口

審査業務の流れ

(所轄行政庁に認定申請する前に評価機関が技術的審査をする場合)

(参照:評価協会作成「業務規定・手引き」より引用抜粋)

依頼図書の流れ
 A.長期優良のみ単独依頼の場合
  1.依頼者の提出していただく書類
    依頼者は以下の書類を2部ご用意ください。(正本1部・副本1部)
    ・依頼書
    ・認定申請書
    ・添付書類

  2.技術的審査終了後、依頼者へ適合証を交付します。
   そのときに副本を添えて交付させていただきます。
   (副本の添付図書には当社にて技術的審査が修了した旨が確認出来るように
    押印してあります)

  3.依頼者は交付させていただいた副本をコピーして新たに副本を作成し、当社より交付した
    適合証とその写しを添付して所轄行政庁に申請を行います。
    (県の条例等により別途必要な書類がある地域もあります。)
   ※注:審査修了の押印が無ければ行政庁へ届けることが出来ません。